ファイナンシャルプランナーの資格修得について

ファイナンシャルプランナーの試験と資格

ファイナンシャルプランナーの試験と資格

プロとして仕事をするには必要なジャンルの知識を習得してから試験を受けて資格を習得します。
資格のうち国家試験であるFP技能士は1〜3級までに分かれ、上に進むほど広域な知識が必要で試験内容も難解になっていき、合格率も低くなります。


また民間の資格であるAFP資格は、AFP研修を修了しないと受験できませんが、試験はAFP資格と2級FP技能検定を兼ねているので、合格すれば両方の資格を取得することができます。
CFP資格はAFP資格習得後1年間の実務経験が必要になり、試験はかなりの難関ですが、CFP資格を習得すると国際的に通用するファイナンシャル・プランナーとしてアメリカのCFP資格認定委員会のCFPボードに登録されるので、どの国でも通用する国際的なファイナンシャル・プランナーとして活躍することができます。